横浜市の相談しやすい妊娠中絶手術病院 » 家族友人には聞きにくい…中絶についてなんでも相談

公開日:|更新日時:

家族友人には聞きにくい…中絶についてなんでも相談

予期せぬ妊娠の可能性がある場合、家族や友人に妊娠や中絶の相談をするのはかなり勇気がいることですよね。そのため、不安や悩みを1人で抱え込んでしまう方も少なくないようです。ここでは、妊娠や中絶について気軽に相談できる窓口や気になる中絶費用、実際にどれくらいの中絶が行われているのかをくわしくご紹介します。

中絶の相談窓口

にんしんSOSよこはま

「にんしんSOSよこはま」は横浜市が開設している相談・支援窓口です。予期していなかった妊娠によって悩んだり不安を抱えたりしている方を対象とし、保健師や助産師、看護師などの専門相談員が、適切な情報提供を行っています。必要な場合には、各区の保健センターや専門機関への紹介も可能なので、「妊娠したかもしれない」「中絶しようか迷っている」など妊娠に関する悩みや不安がある方は、相談してみてください。

にんしんSOSかながわ

「にんしんSOSかながわ」は、神奈川県が開設している相談・支援窓口で、匿名での相談にも対応しています。専門相談員がしっかりと悩みや不安を受け止め、必要に応じてサポート機関を紹介可能です。相談は毎週水曜と木曜の9時~12時、13時~16時となっています。相談料はかかりませんので、悩んでいる方は相談してみてください。

横浜市でどれだけの人が中絶してるの?

平成29年度の横浜市の年齢別中絶件数

年齢 件数
15歳未満 4
15歳 20
16歳 57
17歳 85
18歳 130
19歳 203
20歳未満 499
20~24歳 1538
25~29歳 1116
30~34歳 1186
35~39歳 1075
40~44歳 594
45~49歳 46
50歳以上 0
総数 6054

データ参照:「横浜市ホームページ」https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/kenkozukuri/kakushu/hokentoukeinenpou.files/0068_20191130.pdf

平成29年度の横浜市の妊娠週数別中絶件数

週数 件数
満7週以前 2550
満8週~11週 2916
初期中絶 5466
全体の90.3%
満12週~15週 280
満16週~19週 158
満20週・21週 150
中期中絶 588
全体の9.7%

データ参照:「横浜市ホームページ」https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/kenko-iryo/kenkozukuri/kakushu/hokentoukeinenpou.files/0068_20191130.pdf

横浜市では1年間に約6500件の中絶が行われています。年齢別にみると、20代から30代にかけて多いようです。この年代は、仕事やプライベートが充実し始める世代であり、経済的にも人生設計的にも今はまだ妊娠を望んでいないという背景が影響しているのかもしれません。

妊娠週数別でみると、初期中絶が全体の90%です。中絶は週数が進むほど心身への負担が大きいことから、早めの決断をする方が多いものと考えられます。

中絶をすると病気になる?

中絶手術を受けた後は、身体への影響だけでなく、心への影響にも注意する必要があります。その具体的な例として、中絶手術後から始まる心の問題「人工中絶手術後ストレス障害(PAS)」があります。これは、過剰反応、侵害行為、抑圧などの症状が出ることがあります。また、中絶手術による感染症や合併症などのリスクも考えられます。

中絶をすると病気になる?について知る

中絶をすると流産しやすくなる?

流産といってもさまざまな種類があり、また様々な要因が重なって流産することが多いので、中絶経験があるだけで流産を心配する必要はありません。しかし、手術によって子宮が傷ついていたり、中絶を何度も繰り返している人は、普通の人より注意が必要かもしれません。中絶を繰り返さないためにも避妊方法をよく理解することも重要です。

中絶をすると流産しやすくなる?について知る

中絶をすると妊娠できないの?

中絶をすると妊娠できないのかという心配をされる方は多いのですが、妊娠できないということはありません。統計などで因果関係を示すデータが取られているわけではなく、中絶後すぐに妊娠する人もいますので、心配しすぎないことが大切です。また、中絶後に大事なのは自分をケアすることです。 身体よりも心のケアが大事だと言われるのは、心は痛みを感じることが難しいからです。

中絶をすると妊娠できないの?について知る

中絶手術後の生理について

子宮の状態が変化することで、中絶手術後はホルモンバラスが一時的に崩れます。手術からしばらくは、生理という体からのサインを見逃さないように、注意深く様子を見ましょう。ここでは、術後に次の生理が来るまでの目安期間や止まってしまった時に考えられることをまとめています。

中絶手術後の生理について知る

中絶後の水子供養って?

水子供養はひっそりと行われることが多いので、実際どんなところで行い、どれだけ費用がかかるものかなどは詳しく知らない人が大半でしょう。

水子供養が行われるようになった歴史や、実際の流れ、横浜で宗教を問わず水子供養をしてもらえる寺院を紹介しています。中絶は心にも傷を追ってしまうものです。水子のためにも、自分とパートナーのためにも、水子供養について学んでおきましょう。

中絶後の水子供養を知る

ダウン症の中絶について

妊娠中の検査で子供がダウン症と分かった場合、出産を諦めて中絶するのも一つの選択肢です。中絶自体は刑法では犯罪とされていますが、母体保護法においては、身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれがある場合において、人工妊娠中絶を行うことができるとしています。

ダウン症の中絶について知る

中絶の種類

人工妊娠中絶手術は母体保護法に基づき、やむを得ない理由によって妊娠を中断しなければならない場合に行なう手術です。手術が受けられるのは妊娠22週までで、妊娠初期とそれ以降では手術の方法が変わります。ここでは手術の内容について説明します。

中絶の種類について確認する

中絶手術後の入浴

中絶手術を受けた場合、なるべく早く仕事や学校などに復帰して人と会う必要がある方にとって、シャワーやお風呂などの入浴は切実な問題かもしれません。手術のあとはどのくらいの期間を空ければ普段どおりに入浴できるのか、そんな疑問にお答えします。

中絶手術後の入浴について確認する

中絶手術後の仕事復帰

中絶手術は、当然ながら少なからず身体的な負担がかかります。特に仕事を抱えている人は、すぐに復帰できるかどうかは気になるところでしょう。そのあたりはどの妊娠周期で手術を受けるのか、そして手術の種類によっても仕事の内容によっても変わってきます。

中絶手術後の仕事復帰について確認する

中絶費用が払えない…どうすればいい?

妊娠したけれど、やむを得ず中絶しなければならない…でも費用が工面できない…というケースは少なくありません。中絶手術は保険適応にならないため、どうしても高額になりがちです。ここでは費用が払えないという場合にどうするべきかをまとめています。

中絶費用が払えない…どうすればいい?について確認する

中絶手術の同意書

中絶手術を受ける際、どうしても必要なのが同意書です。妊娠した人が誰にも知られないよう一人で決断して中絶したいと願っても、この問題は出てきます。ここでは同意書が必要な理由や、パートナーの同意なしでも手術が受けられるかどうかなどをまとめています。

中絶手術の同意書について確認する

中絶薬の副作用とは?

中絶手術は身体的負担や身体的負担が非常に大きいうえ、高額な費用がかかります。一方で、一部の諸外国にて販売されている中絶薬は、服用するだけで流産させる効果を得られるでしょう。しかし、中絶薬にはさまざまなリスクがあるうえ、日本では承認されていません。中には個人で使用と考えている人もいるかもしれませんが、日本での使用は罪に問われる可能性がありますし、さまざまなリスクが潜んでいます。

中絶薬の副作用とは?について知る

中期中絶のリスク

妊娠12~21週に行う中期中絶は、初期中絶よりも身体的・金銭的負担がかかります。手術方法は妊娠12~21週と妊娠12~13週の場合で異なるため、内容についてもしっかりと確認しておかなければなりません。さらに、中期中絶はメスなどの刃物は使わないものの、カンシや吸引器などを子宮内に入れるため、さまざまなリスクの可能性が示唆されます。どのようなリスクがあるのかもしっかりとチェックしておきましょう。

中期中絶のリスクについて知る

10代の中絶について

日本での中絶件数は、全体的にみると減少傾向にあるものの、10代の若者の中絶は年々増加傾向にあり、深刻な問題となっています。若年層の妊娠の理由は、インターネットの普及による性交渉が活発化や避妊に対する意識の低さなどです。その他にもさまざまな原因はあるものの、中絶を選択する背景は金銭的理由や親からの反対であることがほとんどでしょう。中絶手術は身体的にも精神的にも負担がかかるため、望まない妊娠を避けるための方法もしっかり身に着けておく必要があります。

10代の中絶について知る

20代の中絶について

20代は最も自然妊娠の確立が高い年代で、それに伴って望まぬ妊娠や中絶を決意する人が多い年代でもあります。特に、20代前半の中絶件数は年代別中絶件数の中で最も多く、その次に多いのが20代後半となっているのです。

20代の中絶の原因は、そもそもパートナーとしっかり話し合えていないこともありますが、それ以外にもさまざま原因があるため、しっかりと確認しておきましょう。

20代の中絶について知る

30代の中絶について

女性の社会進出やプライベートや仕事の充実を重視する人が増えたことから、結婚や出産のピークが20代から30代へシフトしてきています。出産のピークが30代に移行したことにより、中絶件数が増えたのも事実です。

中絶手術を受ける背景は、10代や20代といった若年層に多い「両親からの反対」よりも、すでに子どもがいることから「2人目を考えていなかった」という理由が多い傾向にあります。また、30代での中絶にはさまざまなリスクも伴うため、注意が必要です。

30代の中絶について知る

40代の中絶について

中絶手術を受ける人は10代や20代に多いと思われがちですが、実は40代で中絶を選択する人も非常に多いです。これは妊娠・出産・育児に大きな身体的・精神的負担がかかることが理由で、母体数に対して中絶を選択する人の数は40代がトップとなっています。

もちろん、40代でも妊娠する可能性は十分あり、望まない妊娠を避けるためにはきちんと避妊をするのが重要でしょう。年齢やライフスタイルによって最適な避妊具は異なるので、自分に合った避妊具を検討するのもポイントです。

40代の中絶について知る

中絶によるリスク

どんな手術もリスクはゼロではありません。中絶手術によるリスクとして、繊維の取り残しや感染症、子宮頚管の損傷、出血などが考えられます。クリニックによってリスクを下げるための様々な取り組みを行っているので、一度医師に確認してみましょう。また手術後に出血や痛みなどの症状は起こりますが、徐々に症状は軽減します。過度なストレスによってPTSDなど精神的に不安定になる人もいるため、少しでも気になる症状があれば早めに相談することが大切です。

中絶によるリスクについて知る

中絶回数とリスク

中絶手術を何度も受けると、妊娠が出来なくなるんじゃないかと不安になってしまうでしょう。中絶手術が原因で不妊症になる可能性は低いと言われています。ただしアッシャー症候群を引き起こす恐れがあり、その疾患で不妊になることも。医療の進歩とともにアッシャー症候群の発生は少なくなっており、治療法も確立されているため必ずしも不妊になる訳ではありません。それよりも妊娠周期が長くなる方が、手術のリスクが高まってしまうでしょう。

中絶回数とリスクについて知る

帝王切開後の中絶手術リスク

帝王切開を経験した方でも中絶手術を行うことは可能です。ただ帝王切開瘢痕症候群などのリスクもあるため、手術を行う前に合併症の有無をしっかり確認することが大切です。2回以上の帝王切開を行った場合には、前置胎盤や癒着胎盤などの合併症リスクは高まるでしょう。状況によっては医療設備の整った病院での手術が必要になることも。早めにクリニックを受診し、合併症の有無や着床部と切開創の位置関係などを診てもらいましょう。

帝王切開後の中絶手術リスクについて知る

未成年で中絶手術を受ける際の注意点

未成年であっても中絶手術を受けることは可能です。ただし、親や保護者の同意・付き添いが必要な産婦人科がほとんど。未成年の場合には中絶手術費用をつくるのが難しいことも多いため、親や保護者には相談したほうが良いでしょう。身体的にも精神的にも大きな負担がかかる中絶手術のため、寄り添ってくれる存在は大切です。妊娠22週未満までしか中絶手術が行えないため、費用面・身体面のことも踏まえ、早めに手術を受けることを検討してください。

未成年で中絶手術を受ける際の注意点について知る

中絶費用と保険適用

望まない妊娠に関する中絶費用は、基本的に保険適用になりません。母体の中で胎児が亡くなった、妊娠継続が母体の生命を脅かすなどのケースでは保険が適用されます。妊娠中期の中絶の場合には条件さえ満たせば、出産育児一時金を受け取ることが可能です。またレイプなどの性犯罪による妊娠であれば、警察に申告することで費用などをサポートする制度もあります。たとえ保険適用外でも、身分確認などのために保険証は持参するようにしましょう。

中絶費用と保険適用について知る

中絶手術の入院について

妊娠初期の中絶手術であれば、基本的に日帰りによる手術が可能です。妊娠中期の中絶手術の場合、1泊以上の入院が必要になってくるでしょう。入院時には保険証や現金、印鑑、ナプキンなどを準備し、ネイルを外し、化粧も控えることが大切になります。手術を行う病院の指示に従い、万全の状態で中絶手術ができるようにしてください。またスケジュールにも余裕を持たせておけば、体調不良時など何かあったときもスムーズに対応できるでしょう。

中絶手術の入院について知る

中絶手術が受けられないケースとは?

中絶手術が受けられないケースは稀です。ほとんどの場合、中絶手術を受けることができるでしょう。ただし妊娠周期が22週以降、4週未満の場合は中絶手術が行えません。もし22週以降で中絶手術や、故意に薬剤で堕胎した場合は、堕胎罪に問われてしまいます。また帝王切開を行った経験がある場合には子宮が破裂するリスクも高いため、クリニックによっては手術を断るケースも。ただ帝王切開の経験があっても中絶手術が可能なクリニックもあるので、そういったクリニックに相談してみましょう。

手術が受けらないケースを知る

中絶手術の前日の過ごし方

中絶手術の前日は不安に襲われ、マイナスなことなど考えてしまい眠れないという方も少なくありません。ですが、手術の負担を軽くするためにも、前日はしっかり睡眠をとることも大切です。また中絶手術後すぐに入浴ができないので、入浴も行っておきましょう。また夜9時以降は飲食が禁止になるため、早めに食事を済ませてください。前日に前処置を行うクリニックも。前日クリニックに行くことが難しいなど前処置を希望しない場合には、当日だけで済むクリニックを探すようにしましょう。

前日の過ごし方を知る

中絶手術当日の過ごし方

中絶手術は精神的・肉体的にも負担が大きいものです。事前に当日の注意点を把握しておくことで、不安なく手術当日を迎えることができるでしょう。手術当日の飲食は絶対に禁止。化粧やネイル、コンタクトレンズは控えてください。手術後、体調不良を起こすこともあるので、ゆったりとした服装、安定して歩ける靴で来院することも大切です。帰宅する際、誰かに迎えを頼むようにしましょう。自分で運転することは避けましょう。

手術当日の過ごし方を知る

中絶手術後の飲酒について

中絶手術の当日は絶対に飲酒はできません。ただ手術後の飲酒をスタートするタイミングについては明確な決まりはなく、病院やクリニックの判断になります。そのため1週間程度控えるように指示されるケースもあるでしょう。ただ抗生物質を服用中の場合は、薬の効果に影響を与えるため、控えることが大切です。前もって飲み会などの予定が決まっている場合には医師や薬剤師に相談してください。普段よりも酔いやすいため、数杯にとどめる方がいいでしょう。

手術後の飲酒を知る

中絶手術の流れとは?

中絶手術までの流れは、クリニックや病院によって異なるので、必ずクリニックの指示に従うようにしましょう。基本的には中絶手術を行う前に術前処置をとることもあり、場合によっては前日受診が必要になります。手術自体は20分程度ですが、麻酔から覚醒した後に立ち眩みやめまいなどをきたすこともあるので注意が必要です。帰宅時は公共機関などを利用するようにし、帰宅後は安静に過ごすようにしましょう。術後の検診は必ず受診してください。

中絶手術の流れを知る

中絶手術で後悔しないために

中絶手術は決して悪いことではありません。日本において中絶手術を否定的に考える人も数多くいますが、望まない出産も中絶手術と同じように負担が大きくなってしまいます。そのため将来について真剣に考え、自分自身で決めたことなら、その判断は間違ってはいません。それと同時に、同じことを繰り返さないために、しっかりと避妊をすることが大切です。コンドームやピルなどの方法も。避妊しない性交渉後に緊急避妊の方法もあるので、緊急避妊を行う場合は早めに産婦人科を受診しましょう。

後悔しないための方法について知る

妊娠したかも…と思ったら

生理が予定日よりも遅れると、「妊娠」という言葉が頭をよぎってしまうことも。妊娠したかも…と思えば、まずは婦人科を受診することが大切です。妊娠検査薬によるチェック方法もありますが、タイミングによっては正確な結果が得られない可能性もあります。まずは周囲に相談するか、専用の窓口で相談する方法もありです。一人で悩まずに、誰かに妊娠を打ち明けることで、解決方法を模索しましょう。早めに行動しなければ、中絶手術が行えなくなるだけでなく、身体に負担をかけてしまいます。

妊娠したかも…について知る

中絶手術による合併症

日本においては医療環境も整っているので、中絶手術による合併症を発症するケースは少ないと言われています。また中絶手術をした後遺症として挙げられる不妊症になることも稀でしょう。合併症の症状としては出血や痛みなどが最も多く、中にはアレルギーや子宮穿孔、腹膜炎などの合併症が起こることも。衛生面に配慮した経験豊富なクリニックで手術を受けることで、合併症のリスクは抑えられます。また妊娠周期が長くなると手術の難易度が上がり、身体への負担も大きくなるでしょう。医療機関への早めの相談が大切です。

合併症について知る

婦人科のオンライン診療

婦人科の悩みは非常にデリケートなため、誰にも会わずに相談したいという方も少なくないでしょう。オンライン診療なら人目を気にすることなく相談でき、通院の手間を省けるメリットがあります。ただ触診などができないため、明確な診断ができないケースもあり、通院を勧められる可能性はあります。スマホやタブレットなどの端末さえあれば、オンラインによる診療は決して難しくありません。一人で悩まずに、気軽にオンラインで専門家に相談してみましょう。

オンライン診療について知る

無痛中絶手術とは

無痛中絶手術とは痛みを感じない中絶手術のことです。手術前の痛みは子宮頸管を広げる前処置が関係しています。ただし無痛中絶手術を行うクリニックでは麻酔をした上で子宮頸管を広げるため痛みは抑えられるでしょう。また、施術法には吸引法と掻爬方法(そうは法)の2種類ありそれぞれに特徴があります。一般的には吸引法がより痛みを感じにくい施術法だと言われています。無痛中絶手術はいくら麻酔で痛みを抑えても医師のスキルが無ければ痛みは起こってしまいます。そのためクリニックを選ぶ際は医師のスキルや経験などもポイントにしましょう。

無痛中絶手術について知る

罪悪感を取り除く方法

中絶手術は体だけでなく、心にも大きな負担をかける手術です。そのため手術後に精神的に落ち込んでしまい、不安感や罪悪感を抱えてしまうことも。まずは自分の決断を、他の誰でもない自分自身が認めてあげましょう。中絶手術に否定的な意見を言う方もいますが、真剣に悩み決めたことに責任を持ち、悔やんではいけません。また信頼できる相手に相談する、きちんと供養するなどの方法を講じ、罪悪感を和らげていきましょう。十分に食事・睡眠をとることも大切です。

罪悪感を取り除く方法について知る

中絶手術は戸籍に残るの?

中絶手術をしたからと言って、戸籍に残ることはありません。たとえ12週目以降であっても死産として扱われるので、戸籍には残らないのです。ただ死亡届は7日までに提出しなければならないので、注意が必要です。戸籍が作成されるケースは産まれたときには生存しており、何らかの原因で亡くなってしまった場合。戸籍に残るかもと不安にならずに、早めに医療機関を受診し、身体の負担を最小限に抑えるようにしましょう。

戸籍について知る

中絶手術を受けると癌になりやすいの?

中絶手術によって、癌になりやすくなるのではと不安を抱いていませんか。実は、中絶手術を受けると癌のリスクが上がるという事実はありません。デンマークの研究によると、妊娠することで子宮内膜癌のリスクが低下するという研究報告があります。結果は出産・中絶・年齢・肥満などの要因に左右されません。そのため癌のリスクを危惧して、中絶手術を躊躇する必要はないでしょう。中絶手術は行える期間が決まっているので、早めに相談することが大切です。

中絶手術と癌の関係性について知る

日帰りで中絶手術するには

日本では妊娠21週6日まで中絶手術が認められており、それ以降の中絶手術は法律で禁じられています。基本的に11週目までは日帰りによる中絶手術が可能で、それ以降は入院が必要です。母体への負担を少しでも軽くするために、早めの手術が鉄則。日帰り手術の場合、麻酔下による手術なので術中の痛みはありません。10分程度で手術が終わり、経過が良好であればすぐに退院できます。

日帰りによる中絶手術について知る

中絶手術に適した時期とは

中絶手術は、妊娠5週目から21週6日目までに行う必要があります。妊娠22週目以降になれば母体への負担が大きく、妊娠5週目前は胎児が小さすぎるため、中絶手術が行えません。妊娠中絶に適した時期は、期間内の少しでも早いタイミング。早ければ早いほど母体への負担も少なく、中絶費用も抑えられます。中絶を迷っている方は早めの相談で選択肢が広がり、自分にとって適した方法を選べるでしょう。

中絶手術に適した時期について知る

中絶手術に必要な手続き

中絶手術をするためには同意書が必要。本人だけでなく、パートナーの署名も必要です。パートナーの同意が得られない場合は、本人の同意のみで中絶手術が行えます。本人・パートナーが未成年の場合は、保護者の同意も必要です。身体への負担だけでなく、将来的なことも考慮して、必ず保護者に相談することが望ましいでしょう。

手続きについて知る

中絶後の過ごし方とは

中絶手術を終えた直後は麻酔が残っている状態なので、ボーっとする感じがあります。当日は安静に過ごして身体を休めましょう。痛みや出血などの症状は数日続きますが、徐々に落ち着いてくるケースがほとんどです。中絶手術は身体的だけでなく、精神的にも大きなストレスがかかるため、少しでも不安なことは医師に相談してください。術後の過ごし方や処方箋の飲み方などは、必ず医師の指示に従いましょう。

中絶後の過ごし方について知る

中絶可能な期間が過ぎたときの対処法

母体保護法によって、中絶ができる期間は妊娠21週6日目までと定められています。それ以降まで妊娠が継続すると、出産するしか方法はありません。出産したとしても金銭的な理由や家庭の状況次第では、育てていくのが難しいケースも。さまざまな理由から育てられない場合は、特別養子縁組制度や里親制度が利用できます。制度を利用することで乳児を安全な環境で育てることが可能です。病院で中絶を拒否されたからといって無認可の中絶薬を使用すると、大量出血や感染症などのリスクがあるので絶対にやめてください。

中絶期間を過ぎたときの対処法について知る

中絶手術の問診票に嘘をつくとダメなの?

中絶手術を受ける前の問診票には、既往歴や服用の有無だけでなく手術歴・出産歴・中絶手術歴などの項目があります。中絶手術歴について嘘の申告をすると、中絶手術のリスクを高めてしまう事態になりかねません。万全の体制で手術に臨むためにも、正しくに自分の情報を医師に伝えることがとても大切です。

問診票に嘘をつくリスクについて知る

24時間電話対応お急ぎの方におすすめしたい
横浜の中絶対応クリニック

横浜市内の中絶手術の相談がしやすい病院として2院紹介します。妊娠初期だけでなく中期まで対応していて、24時間電話で診察の予約ができる産婦人科です。

聖マリアクリニック
  • 駅チカ
  • web予約
  • 24時間電話予約
聖マリアクリニックキャプチャ

引用元:聖マリアクリニックHP
https://stmc-a.com/

アクセス
グループ全6院
・JR「東戸塚駅」徒歩7分
・JR「戸塚駅」徒歩2分
・JR「東戸塚駅」徒歩5分
・「横浜駅」東口徒歩5分
・横浜市営地下鉄「センター北駅」徒歩2分
・京浜急行・ブルーライン「上大岡駅」徒歩約3分
診療時間
【月~土】10:00~19:00
【日】9:00~12:00(分院のみ)
電話番号
045-828-4892
治療費目安
初診:無料
手術費目安:
79,000円~

24時間対応のWEB予約・電話予約(自動音声システム)があるので、好きなタイミングで人と話すことなく予約が取れます。土日も19時まで診療を実施。

コシ産婦人科
  • 駅チカ
  • web予約
  • 24時間電話予約
コシ産婦人科キャプチャ

引用元:コシ産婦人科
URL:http://www.koshi-sanfujinka.com/)

アクセス
東急東横線「東白楽駅」「白楽駅」徒歩5分
診療時間
【月~水、金】09:00〜17:30 <休憩時間> 12:30~15:00
【木】09:00〜12:30
【土】8:00~14:00
電話番号
045-432-2525
治療費目安
                   
110,000円~

WEB予約・電話予約ともに24時間対応となっているので、自分の好きなタイミングで予約が可能。院長は女性医師です。

※最寄駅から徒歩5分未満の病院を「駅チカ」と表示しています。