横浜市の相談しやすい妊娠中絶手術病院 » 家族友人には聞きにくい…中絶についてなんでも相談 » 中絶手術に必要な手続き

公開日: |更新日:

中絶手術に必要な手続き

中絶手術をする際は、同意書が必要となります。同意書にサインが必要な人物、パートナーがいないケース、未成年の場合など、手続きに関する必要事項を紹介します。

パートナーのサインが必要なの?

母体保護法では、中絶手術を行う際は本人だけでなく、その夫・恋人などパートナーの同意が必要だと定められています。したがって同意書がなければ手術を受けることはできません。手術当日までに、2人が署名・捺印した書類を用意する必要があります。

同意書には、手術を受ける本人とパートナーの氏名・住所を記入して、それぞれが捺印を行います。クリニック側は、提出された同意書を5年間保管。クリニックには守秘義務があるため、公的機関から開示請求がない限り、外部へ公開することはありません。

相手の同意が得られないとき

母体保護法は女性を守るための法律なので、どんな境遇の方でも望まない妊娠をした場合は中絶手術が可能です。

相手の男性と連絡が取れない場合や事件に巻き込まれてしまった場合などは、本人の意思だけで手術が受けられます。

無理やり代理人を探したり、パートナーと偽って第三者にサインを依頼する必要はありません。ただし、どういった状況で相手の同意が得られないかは、できるだけ担当医師に説明できるとよいでしょう。心身の不調や不安があれば、事前に伝えておくことで医師も適切な判断ができます。

相手の同意がどうなるかわからない場合などは、結果を待たずにまずはクリニックに相談することが大切。専門家が体調や状況をみて、適したアドバイスをしてくれるでしょう。

未成年のケース

中高生、大学生などの未成年が望まない妊娠をするケースも増えています。本人または相手が未成年の場合には、本人だけの意思で手術を受けることはできません。

本人が未成年の場合は本人の保護者、パートナーが未成年の場合でもパートナーの保護者が同意書にサインする必要があります。

保護者になかなか伝えられずに、隠しておきたいと思うこともあるかもしれません。しかし中絶手術は時間が経つにつれて身体へのリスクが高まるので、早めの決断がとても大切です。

中絶手術が可能な期間は妊娠5週から22週までと決められているので、判断が遅れるとそのまま出産へ挑まなければならなくなってしまうこともあります。

妊娠したことがわかった、あるいは妊娠したかもしれないと思ったら、自分の身体と将来を第一に考えて、真っ先に保護者へ相談しましょう。

24時間電話対応お急ぎの方におすすめしたい
横浜の中絶対応クリニック

横浜市内の中絶手術の相談がしやすい病院として2院紹介します。妊娠初期だけでなく中期まで対応していて、24時間電話で診察の予約ができる産婦人科です。

聖マリアクリニック
  • 駅チカ
  • web予約
  • 24時間電話予約
聖マリアクリニックキャプチャ

引用元:聖マリアクリニックHP
https://stmc-a.com/

アクセス
グループ全6院
・JR「東戸塚駅」徒歩7分
・JR「戸塚駅」徒歩2分
・JR「東戸塚駅」徒歩5分
・「横浜駅」東口徒歩5分
・横浜市営地下鉄「センター北駅」徒歩2分
・京浜急行・ブルーライン「上大岡駅」徒歩約3分
診療時間
【月~土】10:00~19:00
【日】9:00~12:00(分院のみ)
電話番号
045-828-4892
治療費目安
初診:無料
手術費目安:
79,000円~

24時間対応のWEB予約・電話予約(自動音声システム)があるので、好きなタイミングで人と話すことなく予約が取れます。土日も19時まで診療を実施。

コシ産婦人科
  • 駅チカ
  • web予約
  • 24時間電話予約
コシ産婦人科キャプチャ

引用元:コシ産婦人科
URL:http://www.koshi-sanfujinka.com/)

アクセス
東急東横線「東白楽駅」「白楽駅」徒歩5分
診療時間
【月~水、金】09:00〜17:30 <休憩時間> 12:30~15:00
【木】09:00〜12:30
【土】8:00~14:00
電話番号
045-432-2525
治療費目安
                   
110,000円~

WEB予約・電話予約ともに24時間対応となっているので、自分の好きなタイミングで予約が可能。院長は女性医師です。

※最寄駅から徒歩5分未満の病院を「駅チカ」と表示しています。